護国神社蚤の市

先週末開催されました第30回護国神社蚤の市。

毛糸屋oonは4日に出店させていただきました。

 

大寒波のため、4日もとても寒く雪が降る中での開催となりました。

そんな悪天候の中、たくさんのお客様がいらしてくださって、とても嬉しかったです。

 

足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

 

毎回出させていただいている護国神社蚤の市。

回を重ねていくに連れて、覚えてくださっている方々も増えて来て、前回買ってくださった糸で編まれた作品を身につけて来てくださったり、もうなんというか、感無量です。

 

今回もたくさんの糸や羊がお客様の元へ旅立って行きました。

私の手元から離れたそれぞれの場所で、どんなカタチになっていくのかを想像すると、とてもワクワクします。

 

先日の企画展もそうですが、出店でも、私自身がその場に立つことで、たくさんの交流が生まれ、また羊毛についてや糸のことなど、ゆっくりお話しできるのがやはりとてもかけがえのない時間であり、空間だなぁと感じています。

 

生産者がわかる糸。

衣食住において、生産者、作り手がわかるって、なんだかとても贅沢なことであり、少しずつ身の回りの物だけでもそうあることが基本となる世界が広がっていったら素敵だなと思ったりします。

 

NZの朝市でそう感じたことを、また改めて感じたりしました。

 

私がこれからの道にまだ決心がついていなかった時、やっぱり紡ぎでやっていこう。と心を決めたきっかけは、その朝市に出店していた手紡ぎ糸を売る一人の女性に出会ったことでした。

その女性の姿が、自分が目指していた姿にとても重なったのをよく覚えています。

 

今回出店している時、なぜだかその女性の姿が頭にぼんやり浮かんでいました。

 

これからもゆっくりペースですが、様々な機会で届けていけたら、と思っています。

 

次回の出店は3月10・11日に大分県別府市で開催される『てしごと市』となります。

毛糸屋oonは両日参加させていただきます。

皆様お誘い合わせの上、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

 

 

毛糸屋oon

 

コメント